本文へスキップ

ホームヘルパーまるごとガイドは、ホームヘルパーの仕事について詳しく解説しています。

ホームヘルパー/働き方

ホームヘルパーまるごとガイドはホームヘルパーの資格と仕事の解説書です。

ホームヘルパーまるごとガイドは、ホームヘルパーの資格と仕事について解説しています。

ホームヘルパーまるごとガイドへようこそ!
これからの高齢化社会において最前線で活躍するのがホームヘルパーです。
あなたもぜひ、ホームヘルパーになる夢を実現させてください。

ホームヘルパーの働き方


ホームヘルパーは、さまざまな職場で働くことができます。

おおまかな職場についてみてみましょう。


【訪問介護のホームヘルパー】
高齢者や心身に障害のある人が、自宅で自立して暮らすためのサポートを行う。

掃除や買い物、調理の援助など、生活支援的な業務と、おむつ交換や食事介助、体位交換など、
身体介護的な業務がある。

一般に、未経験者は生活支援的な業務からスタート。

登録制(非常勤)ホームヘルパーは自宅から利用者宅へ直行直帰というケースが多い。

勤務は週1回、1時間からでもOKとしている介護事業者もあり、空き時間だけ働きたいという主婦に人気。

しかし、たとえば1日2時間の勤務と思っても、朝9時からと夕方5時から各1時間の訪問介護を任され、
実質1日拘束されるというケースもあり、事前に事業者とよく相談することが必要だ。

交通費が支給されない事業者もある。

また、事業者によっては、「巡回型」と呼ばれる、おむつ交換や体位交換のために15分~30分単位で
利用者宅を訪問する仕事もある。

巡回型の場合、夜勤もある。こちらは常勤や正社員での雇用も多い。

常勤や正社員のホームヘルパーは、困難ケースを担当したり、非常勤ヘルパーが病欠した際に代わりの訪問し
たり、非常勤よりは責任の重い仕事を任される。

利用者宅でのサービスが入っていない時間帯は、事務所で待機しながら事務処理を行うこともある。


【特別養護老人ホーム、老人保健施設などの施設介護】
着替えや話し相手など、施設で暮らす高齢者の日常の身の回りの世話から、入浴介助、おむつ交換などの身体
介護的な業務まで全般にわたって行う。

勤務は早番、日勤、夜勤の3交替制が多い。


【グループホーム】
家庭的な雰囲気の中で、認知症(痴呆)高齢者と一緒に料理をしたり日常生活を営むほか、入浴介助、食事介
助など、身の回りのケアを行う。

夜間の対応は、介護保険制度上は夜勤(=仮眠時間以外はケアにあたる)ではなく、宿直
(=原則睡眠をとり、非常時のみ対応)となっているが、実態は夜勤に近い。


【デイサービスセンター】
来所した高齢者の話し相手、食事介助、トイレ介助、レクリエーションの運営、送迎業務(ワゴン車の運転)
などを行う。

利用者は比較的軽介護の高齢者が多く、日勤だけで夜勤がないため、他業界からの転職者、未経験者も働きやすい。


【療養型などの病院】
看護助手、ケアワーカーとして、おむつ交換や食事介助、洗髪、入浴介助など、病院における介護的な業務を
担う。


【身体障害者更生施設などの障害者施設】
指導員として、障害者の生活指導や職業訓練のサポートを行う。

ただしこうした職場では、資格は特に求められていないケースが多い。

入所施設の場合は、高齢者施設同様、3交替勤務。



まずは無料資料請求から!!


 【生涯学習のユーキャン】  
 介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』  







ホームヘルパーイメージ


ホームヘルパー