本文へスキップ

ホームヘルパーまるごとガイドは、ホームヘルパーの仕事について詳しく解説しています。

ホームヘルパー/資格

ホームヘルパーまるごとガイドはホームヘルパーの資格と仕事の解説書です。

ホームヘルパーまるごとガイドは、ホームヘルパーの資格と仕事について解説しています。

ホームヘルパーまるごとガイドへようこそ!
これからの高齢化社会において最前線で活躍するのがホームヘルパーです。
あなたもぜひ、ホームヘルパーになる夢を実現させてください。

ホームヘルパーの資格


ホームヘルパーには、3級、2級、1級そして継続養成研修があります。


【3級は家庭介護者向け】
入門編である3級は、50時間の講習を受けると認定されます。

講習の内容は、座学での講義が25時間、お互いを要介護者に見立てた実技講習が17時間、
在宅サービス提供の現場を見学する実習が8時間の計50時間。

3級の講習を実施する事業者や学校はほとんどなく、いまは家庭で家族介護に携わる人を対象に
自治体が中心になって行っています。

というのも、平成21(2009)年3月末で、1年以内にヘルパー2級以上の資格を取得する予定の
3級ヘルパー以外は、介護報酬が支払われなくなったからです。

つまり、訪問介護のヘルパーとして働くなら、2級以上の研修修了が必要となったということです。


【2級は介護の仕事の入口資格】
仕事をするなら、やはり2級は必要。

2級講習の内容は、講義58時間、実技講習42時間、施設での介護実習など、施設や訪問介護事業所
での実習が30時間の計130時間です。3級の倍以上の講習を受けることになります。

講習を実施しているのは、訪問介護事業者や福祉系専門学校、自治体など。自治体は受講料は取らず、
テキスト代と実費のみというところが多く、安さが魅力です。

でも平日・昼間のコースが多いので、専業主婦向けかもしれません。

事業者や専門学校の講座の受講料は、自治体主催の2倍以上で、7万円ぐらいから13万円ぐらいです。

いま、介護の現場はどこも人手不足。

訪問介護事業や施設運営をしていて、ヘルパー講座も開講している会社には、講座修了後、
一定期間その会社で就労すると、受講料を一部~全額払ってくれる、というところもあります。

カリキュラムはどこも国の基準に則っているのでほぼ同じですが、教え方は千差万別なので見極めが必要。

何年ぐらい講習の実績があるか、講師はどういう経歴の人たちかの確認は重要です。

施設や在宅での現場経験が豊富な講師であれば、経験をもとに現場ですぐに役に立つ技術や知識を教えてくれてます。

しかし、経験が乏しい講師は理論先行になりがち。

本を読めばわかることではなく、体験でしかわからないことを教えてくれる講師がいる講座のほうが
有益だと思います。

また、これも講師の経歴による部分が大きいのですが、一般に2級の講座は施設対応の介護技術を教えることが
多いと言われています。

つまり、介護ベッドがあり、介助しやすいお風呂があり、という整った環境の中での介護のやり方を教えている、
ということ。

もちろん、それが基本であとは応用すればいいとも言えますが、もし修了後、在宅の仕事につきたいと考えて
いるなら、たとえばベッドではなく布団での介助についても、ポイントを教えてくれるような講座がベター。

そのあたり、どういう器具を使って、どんな教え方をしてくれるのかも、きちんと確認した方が、希望通りの
講習が受けられると思います。

希望通りの講習が受けられたとしても、2級修了後、即、一人前のヘルパーというわけには、なかなかいきません。

個人差もありますが、ヘルパーとして少し自信が持てるようになるのは、常勤で働いていても、修了後、
半年ぐらいたってから。

それまでは先輩ヘルパーから、どん欲に学んでいく覚悟が必要だと思います。


【1級修了でヘルパーのリーダーに】
1級は、2級修了後、1年以上の実務経験者が受講できる講座です(自治体により、実務経験なしで受講可能なと
ころもあります)。

ヘルパー業務のより深い知識や技術、ヘルパーをとりまとめる主任ヘルパーとしてのチームリーダー的
な動きを学びます。

講習は、講義が84時間、実技講習が62時間、実習が84時間の計230時間。

内容も、ケアマネジメントへの理解やケースカンファレンスの行い方、介護技術を理解、実践するだけでなく、
指導する方法についても学ぶ、深くて密度が濃いものになります。

1級ヘルパーの講習を修了すると、在宅介護の現場でサービスを提供するヘルパーではなく、
利用者の意向を確認して、訪問介護計画を立てたり、登録ヘルパーのマネジメントを行う、
サービス提供責任者として採用されるケースが多くなります。

雇用形態も正社員や常勤が多くなり、給与もアップします。

しかし、2007年から介護職員基礎研修がスタートしたことから、ヘルパー1級養成講座は2012年度をめどに廃止
になることがほぼ決まっています。

介護職員基礎研修はヘルパー1級より上位資格と言われていますから、これから受講するなら、
1級講座よりは介護職員基礎研修を受講するほうがベターです。

あるいは3年以上の実務経験があるなら、国家資格である介護福祉士を取得するのがベストの選択です。

まずは無料資料請求から!!


 【生涯学習のユーキャン】  
 介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』  







ホームヘルパーイメージ


ホームヘルパー