本文へスキップ

ホームヘルパーまるごとガイドは、ホームヘルパーの仕事について詳しく解説しています。

ホームヘルパー/仕事

ホームヘルパーまるごとガイドはホームヘルパーの資格と仕事の解説書です。

ホームヘルパーまるごとガイドは、ホームヘルパーの資格と仕事について解説しています。

ホームヘルパーまるごとガイドへようこそ!
これからの高齢化社会において最前線で活躍するのがホームヘルパーです。
あなたもぜひ、ホームヘルパーになる夢を実現させてください。

ホームヘルパーの仕事


ホームヘルパーの仕事は大きく分けて、「滞在型」「24時間巡回型」があります。

「滞在型」は、利用者の家に1~3時間程度に渡って滞在し、掃除や食事の支度など、
さまざまなサービスを提供するというもの。

一方、「24時間巡回型」は実働8時間の間に、1軒30分以内で10数軒の利用者を次々と回り、
おむつ交換や安否確認などを行うサービスです。

最近の求人は滞在型が多いので、ここでは滞在型の仕事を中心に紹介します。

これとは別に、介護保険上、ヘルパーの仕事は報酬額によって、掃除、洗濯、食事の支度などを行う
「生活支援」、食事の介助、排泄介助、体位交換などを行う「身体介護」に分類されています。


■実際の訪問先での注意点
事業者によるけれど、新人ヘルパーはほとんどの場合、簡単な家事援助からスタート。

最初は、コーディネーター(後述)が同行して指導してくれるはずなので、指示された手順通りに行えば大丈夫です。

ヘルパー講座で習った介護技術がちゃんとできるかな、と心配する人が多いけれど、実際、訪問先に行って多
くのヘルパーたちが難しさを痛感するのは、介護技術より、むしろその場その場に合わせた臨機応変な対応。

そもそも家庭の中に入って行うヘルパーの仕事は、その家庭のやり方に従ってサービスを提供することになる
わけで、これが意外と大変。

ヘルパーの仕事のほとんどすべてに「その家庭のやり方に従う」ということがついてまわるので、
慣れるまではちょっと時間がかかるかも。


■ヘルパーに求められるものは?
賞味期限が切れた食材を、目の悪い利用者のためを思って捨てたら、あのヘルパーは人の家の食べ物をどんど
ん捨てて無駄にする、とクレームになったりすることも。

自分のやり方や判断を持ち込む時には、きちんと利用者に説明し、あとでトラブルにならないよう、
メモを残して帰るといった注意が必要。

また、どういう言い方、態度であれば、利用者に満足してもらえるかを感じとる感受性、
コミュニケーション能力も求められます。



まずは無料資料請求から!!


 【生涯学習のユーキャン】  
 介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』  







ホームヘルパーイメージ


ホームヘルパー